MENU

銀行は即日融資できないと思っていませんか

即日融資を利用したいのなら、消費者金融会社に申込んだほうが良いと思っていませんか。
銀行は審査に時間がかかり過ぎる上に、審査が厳しいからと、ちょっと敬遠してしまっている方も多いようです。
最近の銀行は、消費者金融並みに審査に時間が短くなっていることをご存知でしょうか。
最短30分で審査の結果が出るところまであります。
これなら、十分その日のうちにお金を借りることも可能でしょう。
なぜ、こんなに審査に時間が短くなったのでしょう。
それは、総量規制の施行と過払い金問題に関係があります。
過払い金返還請求が多くなり、それに追い打ちをかけるように総量規制が施行されました。
そのため、消費者金融会社の内情は火の車になってしまったのです。
そこで、一部を除いてほとんどの消費者金融会社が銀行の傘下に下りました。
関連会社や子会社に消費者金融会社を持つことによって、銀行もこれまで苦手だった個人サービスのためのノウハウを持つことができるようになったのです。
これまで、企業との関連を重視して、個人向けサービスをお座なりにしてきた銀行も、個人を対象にしなければ生き残っていけないと気がついたのでしょう。
個人向けサービスを強化しています。
個人向けサービスを強化するうえで、役に立ったのが関連会社となっている消費者金融会社が長年蓄積してきたノウハウです。
そのノウハウによって、これまでの手順を大幅に見直すことで、審査時間を最短30分まで短縮することが可能になり、即日融資も可能になりました。

 

しかも、金利も低いのが魅力です。
給料の受取や公共料金の引き落としなどでいつも利用しているのですから、これまで関係のなかった消費者金融会社にいきなり申込むよりずっと安心して申込むことができます。

 

それに、これまでの関係から、自分の人となりを知ってもらうこともできるでしょう。
さらに、今では、店頭だけでなく、インターネットやスマートフォンから申込むことができます。
インターネットやスマートフォンから申込み、審査に通過すれば口座に振り込んでもらい、いつもの銀行で引出すこともできます。
消費者金融会社の店舗と違って、銀行の支店であれば気軽に行きやすいというのもメリットです。
ただ、銀行の営業時間内に審査を終了させる必要がありますし、振込業務に時間がかかることを考えれば、午前中に審査を終了させておく必要があります。

 

ただ、ネット銀行などでは、これまでのノウハウを活かして、24時間融資が可能なところもありますから、申込む前にいつまでに申込めば即日融資が利用できるのか確かめてみることをおすすめします。
せっかく申し込んで審査も無事通過したのに、振込を明日に回されてしまったというようなことがないように、きちんと事前にリサーチしておきましょう。

 

そうすれば、いざお金が必要になったという時に、慌てずに済むのではないでしょうか。
何でも、事前の準備というのは大切なものです。